Web2.0と園芸

ちきりん氏の記事を見てそういえばなぁと思って書きます。

高速道路と大渋滞 - Chikirinの日記

いまやWebの普及で園芸についての情報もかなり多くなっており、若い人でも簡単に手を出せるようになりました。ありがたいことです。

かなり端折りますが、Webは高速道路と、梅田望夫さんが書いておられます。

 

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

 

 言及も多いですね。さて、Webのおかげでセミプロのような人が多く生まれるとは一般的に言われるようになっていますよね。先ほどの高速道路の話ですが、高速道路の先では大渋滞が起こっています。つまりセミプロがたくさんいるということです。そこで、これ以上卓越するために、どうするかと考えるわけです。

  1. 高速道路を降り、別のルートで行く
  2. 高速道路を進み続ける
  3. 目的地を変更する
  4. 目的地がそもそもわからない

などいろいろ考えるわけです。

 

堀江さんの新著「多動力」でも「80%レベルのセミプロならすぐなれる」と言及しています。

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

「80%のセミプロ力を身につけました。」

その先は自分で考えなければなりません。80%のセミプロ力を数多く持つか、100%にいかに近づくかなど考えなければなりません。園芸でも同じです。プロはすでに先へ、先へと進んでいます。

それとはまた別の話ですが、私(我々)が飽きずにやれているのはそういった先人達が切磋琢磨して新しい価値を生み出してくれているからでもあります。

やまくささんしかり笹沼さんしかり、こういった先人が文化を作っていってくれています。少しでも近づけるよう頑張るのも一つ、違う道を見つけるのも一つ、いろいろな考えが廻ります。

なんというか、駄文になってしまいましたが、これからも私の園芸ライフは続きますよ。

 

次の駄文は文化についてですかね。

「文化は成長し、進化し、優れたものになっていく」というヘーゲル進歩史観は間違いである。というようなことを江戸の園芸を事例に書いてみたいと思います。ただし、そもそも文化は相対的であるということは補足しておきます。まぁ、そのあたりは美学の話になるのでしょうか。美学については全く何もわかりません。それでも相対の極から見える景色はどんなものでしょうか、という話にも触れてみたいですね。それこそポストモダン的な考え方です。育種園芸文化はポストモダン的考え方とマッチしており、それで私も魅力を感じ熱心に取り組んでいるところです。

なぜ若いのにそんなことしてるの?ということをよく言われますが、ガチで答えるとマズいなぁ、と自覚もしています。

 

実生新花、期待の子

f:id:hepatica_japonica:20170722111233j:image

 

自己流園芸ベランダ派

最近園芸エッセイしか読んでいません。

純文学風な描き方のエッセイはちょっと硬派で進むのが遅くなりがちですが、最近のライトな感じのエッセイは読みやすくて面白いです。

 

 

ライトな感じ

 

 これはちょっとヘビーな感じ

日本の名随筆 (別巻14) 園芸

日本の名随筆 (別巻14) 園芸

 

 

 

ボタニカルライフ

お昼休憩に読んでいます。

 

カレルチャペック的な園芸エッセイ。

hiphop好きとして共感できる部分が多いです。

 

そうそう、昨日、仕事が終わった帰り道、「植物は向こうからやってくる」と荻巣さんの本の中で書いてあったことをボヤーっと考えながら歩いていたらウメの実がボトッと私の目の前に落ちてきたんです。「おっ、これは、こういうことなのか?!なんてタイムリーなんだ!」と思って拾い蒔こうと思いましたが、向かいに人が歩いており、スルーしてしまいました。蒔いたらもしかして斑入りなのかなとか、素心なのかなとかいろいろ考え、寝床につきました。今日の朝、通勤中にまだその実は落ちていました。どうも拾って欲しいように見えて気になります。よし、拾うぞ!と思いましたが、またすれ違う人が!結局拾えずにいました。今日の帰り道は、用事でその道は、通っていません。

とても気になっています。

明日の朝はどうでしょうか。

楽しみです。

 

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)

 

 

moonlight lovers

moonlight lovers


口ロロいとうせいこうさんがメンバーでもあります。

 

世界ラン紀行

 これもヤラレました。

この表紙のパフィオなんかを自生地で見れたらアドレナリン出まくりですね。

 

凄い人ばかりです。 

 

世界ラン紀行

世界ラン紀行

 

 

 

 

幻の植物を追って

荻巣氏まさにクレイジージャーニー。

こういう紀行、集めています。

表紙のヘレボルス・チベタヌスですが、自生している姿にぶっ倒れた人がいるという話にニヤニヤしてしまいます。

素晴らしい一冊でした。

ファルコネリの功績も凄すぎます。 

 

幻の植物を追って

幻の植物を追って

 

 

 

アサガオが咲きました。

底白できれいです。

f:id:hepatica_japonica:20170710125911j:image

f:id:hepatica_japonica:20170710125913j:image

 

(^^)

撒いたアサガオ

グリーンカーテン用にアサガオの種を蒔いていました。

 

f:id:hepatica_japonica:20170707222553j:image

はじめは葉の展開期特有のなにかか、葉焼け的ななにかだと思っていたら

 

見事な三光斑!

f:id:hepatica_japonica:20170707222525j:image

 

何気なく蒔いたアサガオですが、こういうのが出てくれるんだったらグリーンカーテンも楽しめますね^_^

 

観察していきたいと思います(^^)