蒐集と雪割草

雪割草は変化に富んでおり、組み合わせも豊富でそれぞれの花に物語があり、神の視点で自らの世界を創り出すことができることから、熱中してしまいます。(何言ってんだこの人というふうに、戯論と思って読んでください。)

夢の花の所以です。

簡単に言えばポストモダン的な趣味だということです。

「雪割草は種類が豊富だからこんなに好まれた」という単純なものでもないと思うのです。

 

動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)

動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)

 
定本 物語消費論 (角川文庫)

定本 物語消費論 (角川文庫)

 
コレクションと資本主義 「美術と蒐集」を知れば経済の核心がわかる (角川新書)

コレクションと資本主義 「美術と蒐集」を知れば経済の核心がわかる (角川新書)

 
江戸奇品解題

江戸奇品解題

 
消費社会の神話と構造 新装版

消費社会の神話と構造 新装版

 
差異と欲望―ブルデュー『ディスタンクシオン』を読む

差異と欲望―ブルデュー『ディスタンクシオン』を読む

 
ポスト・モダンの条件―知・社会・言語ゲーム (叢書言語の政治 (1))

ポスト・モダンの条件―知・社会・言語ゲーム (叢書言語の政治 (1))

 

 

私は学生時代から一貫して、蒐集、産出文化はリオタールのいうところの「大きな物語」なき近代的主体性を欠いた今、希望になりうるというふうに考えています。個人的にはそれを考えること自体が希望でもあるというちょっと奇妙で逆説的なものでもあります。何言ってんだコイツという内容の記事ですみません。

 

今日はスーパーワン1000倍希釈液肥を与えました。