雪割草原種銘花その4「紅すだれ」

紹介、三段ばっかりでしたね。。。

標準花も紹介します。

今話題の「紅すだれ」

手軽に使えますが奥が深い花です。

同じ形質を持つ鉄心は同坪で採れたという噂もあります。

f:id:hepatica_japonica:20170121180850j:image

 

これを使った三段が最近おもしろいですよね。

やまくささんでは(公開しているブログをしっかり見ると載ってますよ♩)

●(王妃(中越さん出だったそうです!(金環食×王様))×紅すだれ)×初跳A=新世界

など。間違っていたらスミマセン。。。

王妃って三段の王妃もありますし、標準花でも王妃という花があります。

どちらなのか。。。

とにかく、紅すだれ三段交配、楽しいです!

あと最近では天地×紅すだれなんてのも流行ってるみたいです。青軸のすだれです。雌しべが緑になり、これを親としたらドロ軸で雌しべの緑のすだれを量産できるかも?!

ところで、紅すだれの交配はこの雌しべが緑、雄しべも真っ白、これが本当に大切になってきます。(ほかにもあります。それと黄シベにはある秘密が^_^)

 

下記の武士(もののふ)という花が今まで見た中で一番雄しべ雌しべが綺麗です。咲き分け具合がヤバすぎる!

これ使いたい!!めちゃ欲しい!!(○○万円?!物欲が加速しますがブレーキかけてます)

f:id:hepatica_japonica:20170121182902j:image

 

ほかにも夢界とか墨田の花火とかいろいろと紅すだれ交配は楽しいですね。うちにもあります秘蔵品。

しべの色、花弁のヨレ、花型、立ち、花の大きさなんかの改良はもちろんですが、芽の色とか葉の大きさなんかにもこだわりたいですね!

開花まであと一ヶ月!ソワソワします。